大径木伐木等(チェーンソー等)特別教育

岸和田造園緑化協同組合では各種研修会・講習会を開催し、常にスキルアップを図っています。
本日4月15日と14日は大径木伐木等(チェーンソー等)特別教育の講習会を開催し、26名の参加がありました。

1日目は学科、2日目は実技(チェーンソーの整備と目立て、操作実技)と2日間内容ギッシリの講習でした。

労働安全規則第36条第8号の業務に基づき、事業者は、胸高直径が70㎝以上の立木、胸高直径が20㎝以上で、かつ、重心が著しく偏している立木の伐木などの業務に労働者を就かせるときは、安全又は衛生のための特別な教育をしなければならないことが義務付けられています。
今講習会で規定の教育を修了された方には修了証が交付されます。

お話の中ではメンテナンスや最新の機器の紹介など、専門的な解説も多くあり、内容の濃いお話を沢山聞く事ができました。

2017/4/15 スタッフブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください